Tag Archives: メテオスピード

松崎さんマティーノに降臨

秘蔵の松崎さんパネルを出してみました、そして飾ってみました。

ザニアのデビュー以降、ようやく?グラファイトデザインへの注目が高くなってきたと言うか、まぁ正直言って”何を今さら…”って話なんですけどね(笑)これまで勧めていなかった人やお店までもが、今頃になってグラファイトデザインの自転車を組み上げているのを見ると、思わずほくそ笑んじゃいますよ…

誰も”良い”と言っていない時にそれを肯定するっていうのはマイノリティになるってことなので、それはそれは勇気の要ることなんですよ。だって、好奇の目でしか見られてなかったんですからね。「ふぅん、良いんだー。でも高いよ」とか「デザインがイマイチ」とか、結局乗り気じゃない。「その値段なら○○○買うよ」とか、ね。名前が欲しいだけなら、ブランド料の方が高いと思いますけどねぇ…

だって、メテオスピードデビュー時の最初のインプレなんて酷かったですよね。”柔らかい、以上”みたいな。ですから、僕が乗っていても誰もが「柔らかいですか?」としか聞かない(笑)

「いや、そこじゃないんですよ」って言うにも、説明が回りくどくなりすぎて、メテオスピードの真価を説明するには路上では無理。だから、「まぁ、そうですね」としか答えられない。

ちゃんと説明しますよ、今でも。昨日もしっかり接客したばかり。良いところも、悪いところも、ちゃんと話します。たぶん、ちゃんと所有していなかったようなちょろっと試乗しただけのお店には分からないことがあると思います。

未だに半信半疑の方もいらっしゃるのでしょう。僕が本気で売りたいバイクの一つです。

グラファイトデザインはとてもすばらしいメーカーです。

スケジュールが決まれば、テストバイクもご用意できます。遠慮無く仰って下さい。

ザニア一号が完成

ANCHOR RA6からの載せ替えです。ホイールは年末くらいにシャマル2WAYへ交換しております。サイズは53、サドル高は約66〜67センチ前後。フレーム、Fメカ、その他パーツ、工賃で約30万円也。

[注釈]
身長167センチくらいの方なのでフレームサイズは53なのですが、スローピングが弱いのでポストの出シロはどうしても小さくなります。ヤグラの根元までストレートなタイプの方をチョイスすると、少し長く見えます。がしかし、もともと日本人がホリゾンタルに乗るとこの様になります。格好を第一にされる方には51という選択肢もありますが、それはそれで乗りにくいと思います…あとはニーズが大事です。例えば、レーサーかそうでないか。この方はレーサーではありませんので、楽に乗れるサイズを選んでいます。

ですから、メテオとザニアでは同サイズをチョイスしません。詳しくは店頭にて。

オーナーさんのこだわり所はゴールドパーツ。
もっと派手になるかと思いましたが、意外とまだ大丈夫。アウターワイヤの色を変えても良いですね。

GDR試乗会のご報告

一言で言えば高評価を頂きました。それは注目のZANIAH(ザニア)だけではなく、やはりメテオを先に乗ってもらうと、ザニアの意味というか、乗り手の好みというか、その辺りが浮き彫りになってきます。

そこへカタログデータにはない情報によってミズタニ自転車の担当Sさんと僕からフォローをしますと、これまたライダー自身が得たフィーリングを”客観的”に見ることが出来たようで、「目から鱗」「勉強になった」「う〜ん…悩ましい」と様々な感想を頂きました。

”悩ましい”んですよね、わかります。新車を買う気になっていなくても、なっていても、”ちゃんと”試乗した後ってそういう気持ちになるんです。単に乗るだけはなく、その後の情報交換と翻訳作業が不可欠ですね。

硬い?柔らかい?そんな簡単なものじゃありません。軽ければいい?そんなわけ無いです。

グラファイトデザインの試乗車はこれからも色々なところで触れて頂けるようになりますので、時間を作って触れてみて下さい。

グラファイトデザインは他のメーカーには無い特徴を備えています。それは主流ではないと言うことです、確かにそうです。でも、その主流は誰の意図なのでしょう?100年にも及ぶ自転車の歴史の中で考える主流はどこにあるのでしょうか?

原点回帰という言葉があります。原点に戻るとはどういう事なのでしょうか?

2011年モデルより2012年モデルは優れているのでしょうか?

退化?進化?あるいは進化していない?進化する方向性の誤り?

これを考えると、グラファイトデザインに乗る意味が出てきます。

今回の試乗会では、その”意味”を少しだけ”体感”して頂けたようで、僕はすごくうれしく思いました。

看板設置

ズラズラズラっと

ZANIAHに乗っていってらっしゃい

女性の方もいらっしゃっいました

普段はロードにしか乗らない人ばかりだったのですが、WROCCAとDOKKEによって別の方向性や楽しみ方も見て頂けたようで、早速色々と動いていらっしゃる方も…

もう一度やりたいと野望を抱いております。

しなりを体感”グラファイトデザイン” 一気乗り試乗会を開催します。

当店主催の「グラファイトデザイン一気乗り試乗会」を行います。

国内屈指のカーボン専業ブランドであるグラファイトデザインは「良いらしい」と言われ続けていますが、身近に乗っている人が少ないブランドゆえ、生の意見が聞きづらいメーカーです。
2012年、ついにデビューする中級クラスカーボンフレームであるZANIAH(ザニア)も試乗して頂けます。また、ザニアが気になると…メテオシリーズも気になりますよね?今回はメテオシリーズと比較して頂ける様にご用意します。さらにはシクロクロスモデルのWROCCA(ウロッカ)、MTBモデルのDOKKE(ドッケ)シリーズもお試し頂けます。
こんなチャンスは滅多にございません。”しなり”で走って、伸びる、そして脚が保つ、ロングライドにもぴったりなそんな性能を体感してください。

自転車でお越し頂いた場合には、ペダルの交換やサドルの調整を行った上で試乗して頂けます。また、お車や徒歩でお越し頂いた場合には、平ペダルで試乗して頂きます。お一人様あたりの試乗時間を10分を基本に居たしますが、状況によって変更させて頂く場合もございます。

年末のお忙しい時期ではありますが、ぜひぜひ奮ってご参加頂きまして、貴重な平日の試乗チャンスをゲットしちゃって下さい。また、メテオシリーズとザニアをしっかり比較できる、しかも都内の定番ホームコース秋ヶ瀬・彩湖エリアで、となれば逃す手はないですよ。

皆様のご参加をお待ちしております。また、水曜日が定休日な自転車業界の皆様のご参加もぜひぜひお待ちしております。

試乗車リスト:
 METEOR SPEED 52
 METEOR SPEED 54
 METEOR LAUCH 53
 ZANIAH 53
 WROCCA 52
 DOKKE XC S、M
 DOKKE AM S

期間:12/21(水)
時間:10時半〜15半時
場所:秋ヶ瀬工園内駐車場
協力:ミズタニ自転車
地図リンク → http://maps.google.co.jp/maps/ms?msid=214048582909153099998.0004b3156a14e5191c470&msa=0&iwloc=0004b3156da9bebf16ed0
大事なお願い:写真付き身分証をお持ち下さい。お持ちでない場合にはお断りする場合もございます。また、試乗中はお荷物もお預かりさせて頂きます。また、それ以外の理由で試乗をお断りする場合もございますので、何とぞご了承下さい。 試乗時間は状況によって変わりますので、その点もご了承下さい。
※雨天中止

[ 関連記事 ]
GDRの新型がデビュー間近!
GDR MTBフレームデビュー
 

GDR MTBフレームデビュー

ついにグラファイトデザインのMTBフレームがデビューします

軽さでも剛性でもなく、それらをバランスさせた人の力を引き出すフレームは、ロードフレーム作成時のコンセプト。

それはMTBでも同じなのだそうだけど、より壊れない、走って楽しい、路面を楽しむ、そんな乗り味だそうだ。

ちなみに当店にも9月末入荷予定

いまさら、飾る為に見せる為にMTB買う人もいなかろうから、これはもうライダーにとってベストな一台になるでしょう。

実際、販売面では芳しくないGDRですが、売る側もしっかりと乗り比べて売るべきじゃないかと思います。パッと乗った時のインパクトでは劣るし、見た目も地味だし、そんなキャッチーな売り物じゃないのは分かってること。いや、むしろ、作る側がそう意図しているとも言える。そんなジレンマの中でGDRを販売するミズタニ自転車さんも大変だろうと思う。

しかしながら、製作側と販売側と乗り手が一体となって製品を作り出せることに魅力を感じない人がいるだろうか。国内メーカーの製品は絶対単価が安くないと認めて貰えないのってどうなのだろうか。ほんとにちゃんと乗ってから評価して欲しいと思います。

試乗車はミズタニさんから借りてきて、何度でも用意しますので、乗りたい方は是非乗って下さい。乗っても分からないと言っているだけで乗らないと、いつまで経っても分かるようにはならないと思うので、とにかく沢山のバイクに乗る事が自分の好みを見つける為の大切な作業なのです。

”柔らかい”とか”硬い”とか、そんな簡単な一言で表す事が出来るメーカーなんて一つも無いんです

だから、「硬い?」とか「柔らかい?」とか「軽い?」とかっていう質問に対して答える時が最も要注意だと、僕はいつも気にしてます。だって、それだけで評価が決まっちゃうでしょ?だから僕はそんな質問に”答えない”んですw はぐらかすといった方が正しいかも。ちゃんと会話して分かってもらわないと…

「どんな乗り味?」っていう質問が一番よいんじゃないでしょうか。その際には自分の好きなフレームとそれに対しての印象も添えるとベスト。その人の感性が少しだけ理解できますね。

あ、マティーノはMTBもやってるんですよw
どっちかと言えば、僕はロードより好きなくらいです。壊れないからジャンジャン遊べるのってすごく魅力です。山の中なら落車してもケガが少ない。だって山の中で30km/h出したらすごい速く感じますよ!ロードで30km/hなんて大したことないでしょ?

自転車の楽しみ方の原点にどっちが近いか?と言えばMTBでしょうね。
アナタのMTBデビュー手伝います。