Tag Archives: フィッティング

あら、日本語

SMP使ってみませんか?サドル迷宮のゴールはここにありますよ。

普通のサドルは合うか合わないか、でしょうが。
SMPはセッティングを出せば合う、と思います。

SMPサドルは変な形ですが、偏見や食わず嫌い無しに乗ってみた方が口々に仰るのです。
「これ結構良いかも」
「なんだ、もっと痛いかと思った」
「あれ?座れる」
「意外としっくり来るんですけど」
と。

パッドは薄めからチャレンジ。その方が当たっている箇所がわかりやすいのでセッティングが出せます。そのあとどうしても体重やお尻の大きさがオーバーな場合や、当たる場合にはパッド入りに。

稼働を開始しましたアンカーフィッティングシステムでも試用可能です!

レンタル料金は
 1500円(10日間目安)
です。
※取り付け及びセッティングは別途お代(1500円)を頂きます。

SMPサドルに限らずサドルをお買い上げの際にはレンタル料金をお返し致します。

Selle SMPサドルのレンタルを開始しました

SMPサドルは変な形ですが、偏見や食わず嫌い無しに乗ってみた方が口々に仰るのです。

「これ結構良いかも」
「なんだ、もっと痛いかと思った」
「あれ?座れる」
「意外としっくり来るんですけど」

と。

まずはお試し。セッティングが出れば、一生続くかと思ったあなたの”サドル選び”はもう終わっちゃいますよ。

はい、終点です。

レンタル機種は
 COMPOSITE
 FORMA
の2種。

この2種で形を選びましょう。選んだら、必要なパッドの厚さを選びます。おすすめは最も薄いパッドかパッド無し。半日以上のライドには薄いパッドがあると良いと思います。僕はDYNAMICを使っています。

レンタル料金は
 1500円(10日間目安)
です。
※取り付け及びセッティングは別途お代(1500円)を頂きます。

SMPサドルに限らずサドルをお買い上げの際にはレンタル料金をお返し致します。

身体は動いてますか?フィッティングのすすめ

普段の乗り方なんて結局決まり切った事しかしませんから、いずれマンネリ化して自分の限界に気がつきます。

軽量化しただけでは速くはなりませんよね、身体は動かないままなんですから。ディープリムも同じだし、セラミックベアリングも同じ。全ては使う人次第。

だったら…身体のスペックを少しでも上げてあげようと思いました。正確にはスペックアップではなく、正常な状態に戻して動く身体にすると言うことです。身体が動かないと力は無駄なりますし、パフォーマンスアップの為にストレスアップすれば、いずれ故障や怪我を生む一員になり、さらに先には引退が待っています。

■長く、楽しく、快適に運動を楽しむには?
■「死ぬまで乗れる自転車」と言いますが、来年の目標ありますか?今年は?
■20年後も目標を持って自転車に乗り続けられるでしょうか?

そこに私自身が「果たして自分は乗れているだろうか?」と思ったことがきっかけでした。そういう、ある意味ではシリアスな考え方をせずともずぅーっと楽しく乗れそうなイメージがつかめている方は、きっと余り深刻にフォームについて考える必要が無いかも知れません。

身体を楽に動かすフォームを自分自身で理解できるように、新しい考え方や運動を取り入れて、自転車に活かす取り組みを自分の身体を使って始めています。私がお手伝いするチームのメンバーの方もお誘いして、やって頂きました。詳しく話すには文字では無理ですが、「面白い」「考えが変わってきた」という評判を頂きました。また次回やりましょう。ちなみに一部で行われている似非SPINNINGは役に立ちませんので、ご留意下さい。

正規SPINNINGクラスのご案内はこちらです

前回のSPINNINGについての記事中にも書きましたが、目下の所の目標を達する為に身体を痛めるのではなく、もっと先を見て、身体を自由に動くようにしてあげませんか?

これまで多くのメディアで広告されてきた”レーサーの為の古典的なポジション・フォーム”ではなく、”もっと自転車を漕ぎやすい姿勢と体の使い方”を手に入れませんか?

”何れは身体を壊すフォーム”に行き詰まり感を感じていませんか?フォーム改造でもっともっと速く楽しく走れるようになりますよ。

■2〜3時間走るとそれ以上辛い方
■ペダリング中にお尻がサドルの上で落ち着かない方
■ハンドルに体重が乗ってしまって手が痛い方
■プロレーサーのフォームが自分にマッチするのかどうか不安な方
■理想とするフォームが自分の中に見えていない方

以上のような方には当店でバイクフィット理論を取り入れたフィッテイングを受けていただけますと大変喜ばれます。例えばこんなメニューをご用意しています

フィッティングによるフォームというのは、最終的にご自身で判断して頂くものです。私が与えるものではありませんし、ある物さしに当てはめればワンタッチで算出されるものではありません。

では「マティーノでやるフィッティングはなんなんだ?」と思われるかも知れません。
僕は元レーサーでもすごく速い人でもありません、「だからそのフォームは信用できない」と思われるのも分かります。名選手とは死にものぐるいで努力して結果を残した人ですので、彼らの言うことを実行しても一般人は”挫けるだけ”じゃありませんか???

私はあなたのベースとなるフォームを提供し、それをあなた自身の身体をもって実感して頂きます。それが私が考えるフィッティングです。その先、色々なニーズが生まれるほどに乗るのが楽になれば、もっと遠くへ行ける自分やもっと速く走れる自分に気がつくかも知れませんから、フォームはその時々のニーズに従って味付けを変化させるでしょう。

まずはベースとなる料理を作りましょう。卵焼きと大根の桂剥きからチャレンジしましょう。

それ無しにいきなりアレンジメニューにチャレンジしても、そのアレンジがどういった方向性なのか?果たして自分の舌に会うのかどうか?って分かりませんよね???

フィッティングをご希望の方はお電話でご相談下さい。あなたのニーズに合わせてメニューを決めましょう。ニーズが分からない方へは、一緒に考えます。楽しく乗れる身体を作りましょう。SPINNING等に興味のある方もご相談下さい。

こんな機械や

こんな機械を使って

仕事で疲れた身体を余計に疲労させたのですが、なぜか頭はスッキリしません?

当店でお買い上げいただいた自転車には

納車時に簡単なフィッティングサービスを無料でして差し上げます。

いや、むしろ普通の店だったらどこでもやっていることだと思うんですけど…w

“簡単な”とは言っても、手抜きではく、それで充分だからです。納車の段階では、です。ロードがどんな乗り物なのか、どうすればよいポジションが確保できるのか? あるいは自分の好みは何なのか? 脚質? どれも分からないと思います。これらを解決するのは経験と知識と走行量です。

納車 → 乗る → [ 自分で考える → お話をする → ポジション修正 → 乗る ]

あとは括弧内をひたすら繰り返します。

ある程度乗っていただかないと、乗り手が自分で自分のポジションを理解するきっかけすらつかめないと思うので、納車時には簡単にサラッと説明します。納車時には納車説明だけで頭がいっぱいになっちゃいますから、多くはお話ししません。 覚えることたくさんありますよー

納車以降のポジション相談は別途いつでもご相談ください。バイクフィットもありますし、フィッティングの切り売りもしています。とにかくまずはお気軽にご相談ください。「痛い」とか「きつい」とか「辛い」を解消して、「楽しい」に変えましょう。

フィッティングや乗車フォームは経験値とイコールです。乗車時間に完全比例します。まずは乗ることから始めましょう。そしてその後に修正です。最初から頭でっかちになって、フォームのことばかり考えるよりはとにかく乗ることを楽しんでください。

楽しくないことは続けることが出来ませんし、逆に楽しいことは自然と続けてしまうでしょう。

最初は途方もない距離の思えた100kmでも、いずれはたかだか100kmになっている。それは楽しいからに違いありません。

暖かな空気

今回、地方のお店を見させてもらって思ったのは、東京は”うまくやる”店は多いけどホントにライダーの為を思って距離感をトコトン詰めてくる店って少ないという事を感じました。

東京にいる人の数は圧倒的。だから、物量と敷地の広さでそれを受け止める事も出来る。でも、ショップの人なら分かると思うけど、どんだけ敷地があっても、どんだけスタッフがいても、スタッフが割ける時間は全く変わらないのです。人数×時間にしかならない。だから、ちゃんと顔を覚えられて、バイクの事までカバーできるお客さんの数には限界がある。敷地を拡げれば対応出来なくなるから、僕は狭さにこだわりました。一人で見られる狭さに。

スポーツサイクルってほとんどの道具が買って終わりじゃないんです。買って、取り付けて、使い続けるんです。だから、前の職場でも「取り付けるのって自分で出来ますか?」って沢山聞かれましたけど、自分は「”付けるだけ”なら」って真面目に応えてました。自転車ではなく、サイクルスポーツなので、買った後の方が何十倍も大事です。

サドルだって付けるのは確かに簡単だけど、フィッティングまで含めないとサドルの取り付けって終わりません。高さ、前後位置がまず変わるし、角度もセットしないといけないし、サドルが変われば”踏み方”も変わるでしょ?だから、ペダリングそのものに影響しちゃう。そこまでを同じ工賃でやるなんて無理です。だから僕の場合には”付けるだけ”なら1000円の予定、でもフィッティングはバイクフィットをベースにしたサドルフィッティングサービスになりますから、クリートセッティングからスタートになっちゃいますね。お金もかかりますが、その分時間もかけますし、再セッティングまで面倒見ます。

地方のお店で感じたのは暖かい空気とゆっくり流れる時間。これは都内のお店から感じた事はほとんどありません。

だからウチは地方店のように暖かな空気でお店の中を満たしたいなって。ちゃんと面倒を見たいから。売ったっきりどう使われているのか分からないロードバイクって売っても面白くないから。

ウチはSFIDAというチームと関係していますし、僕も運営に参加しています。SFIDAはまだまだ2年目の若いチームですが、中にいる方はみなさんちゃんとして方ばかりですので、和を乱すような方はいらっしゃいません。それってとても大事な事です。お互いに命を預ける仲間なのですから。

ちなみにSFIDAは長野県上田市にあるベレーニョさんと共同で運営しています。これまでのお店お抱えチームではなく、もっと幅広い視野で考えていきたいと思っています。実際に何が出来るかはまだわかりませんが、考え方さえ合うようであれば長野と東京以外にももっとこの和を拡げていけたら良いなと個人的に思っています。

僕が目指すのは例えるならクラブハウスの様に自由に使えるスペース。だから、部外者は入ってこないので安心して心を和ませる事が出来る。そんな店にしたい。でも、SFIDAに入らないとイケないわけじゃなく、自分たちのチームのクラブハウスだと思って欲しい。

ただし、僕は一人でロードに乗り続ける事は肯定しません。”仲間”がいると、何倍も何十倍も楽しくなるスポーツだからです。一人で走っても、すぐ壁にぶつかって越えられずに停滞しちゃう。だから、そんな一人の人は是非ウチに来て、自分にマッチする和を見つけられるような、そんな空気を持つお店になればいいと思います。

人が多くなればそれだけ”普通じゃない人”が入って来る事になるでしょうが、サイクルスポーツという”スポーツ”の特性上、チームに和がないと競技自体が成立しませんし、練習もままなりませんよね?乗られている方ならお分かり頂けると思います。仲間に入る時には是非その和を意識して、本当のプロチームに入るのと同じ作業を味わえると思って楽しんでもらえたら良いなと思います。

そうすればきっと、良いお店と良い仲間に出会えるはずだし、もっと増やしたい、楽しくしたいって思うと思いますよ。

今回見せて頂いたのはHAKUSEIさんwhoo bicyclesさん、どちらもホントに良いお店でした。ありがとうございました。