王滝には間に合わなかったけど笑

エンデュランススポーツでの運動量と栄養を考える場合、距離ではなく、「運動強度x時間」で考える必要があります。以下は私の場合です。

例えばAttack!299では
4127kcalを消費しました。パワーデータ的なことは考えず、カロリー消費だけにフォーカスします。時間は8時間、つまり515kcal/毎時の消費です。人間は約2400kcalを肝臓に貯蔵可能だと考えられてますが、全て使用すると気を失ってしまうので7割程度まで使用可能ですから、約1700kcal。つまり、3時間20分で使い果たしてしまうでしょう。脂肪というエネルギーもありますから、糖と脂肪を最高効率で燃焼させたとして50:50ですが、Attackを完走するのに余裕が出るペースで走行する場合にはまず無理でしょう。良くて脂肪を3割使えるかどうか…、平均すれば2割程度と考えるべきでしょうね。ゆえ、脂肪を使わないくらいの計算で考えるほうが安全です。4127-1700=2427kcalを摂取する必要があるということになります。驚くべき数値じゃないですか?笑
Attack走りながらジェルを20本食える人がいたらお目にかかりたいです笑

さて、これだけを何をいつ食べて補いますか?

これを王滝ではどうするか?
私が最後に走ったのは2012年で、その時は100キロを6時間3分で完走しています。残念ながらその時のデータはありませんが、恐らくはAttackと同じくらいかそれ以上のペースで消費したことでしょう。毎時550kcalくらいで考えるべきかと思います。つまり、合計3300kcal。うーん、もっと消費した記憶があります。
少なくとも走行中に摂取する必要がある熱量は1600kcal程度にはなるということです。ジェル食料にして14-15本にもなります笑

さて、これも何を、いつ食べて補いますか?

■ 食べなくても走りきれたという意見
この手の話をしますと必ずついて回るのがこれです。
「俺はジェル一個で走りきったよ」
というやつです。
これはベストパフォーマンスを出して走りきったという意味ではなく、とりあえず運良くゴールまで生存し続けたということです笑。つまり、参考にしてはいけません。きっと、それをやったことで疲労を大きく蓄積させ、しばらくは自転車に乗ってもパフォーマンスが発揮できない状態になったことでしょう。

■ 無理のない補給を可能にするモルテンドリンクミックス
モルテンドリンクミックスの320は500ccのボトルに320kcalもの濃い糖質を溶かし、胃での停滞時間をなくし、飲んで数分後には小腸へ到達、すぐに吸収を開始します。胃での滞留時間も無いので負担にもなりません。ちなみにもし、王滝でジェルを14-15本食べられたとしても、1本ですら吸収を終えるのに2時間かかってしまうため、半分の本数も食べないうちに胃は消化途中のジェルでいっぱいになってしまいます。これは胃痛の原因になったり、吐き気をもよおしたりすることでしょう。

もし、王滝でモルテンを使用する場合、モルテンドリンクミックス320を5本飲み終えられれば良さそうですね。ダブルボトルでスタートし、片方は掛水にするために真水がいいでしょう。走行中、ボトルのモルテンドリンクミックスを飲む以外の行為は無用です。全く必要ありません。それだけで身体のための燃料は足ります。もちろん、走行時間が長短によっては計算し直す必要がありますのでご注意を。