メリダ パートナーショップ ミーティング 2020

メリダ パートナーショップ ミーティング 2020
24日にメリダXベースへ行き、メリダ パートナーショップ ミーティング 2020に参加してきました。全国からメリダブランドを日本で伝えるためのキーマンが集まり、2020モデルのプレビューや来年以降の戦略、あるいは日本国内の現状解析や今後についても大変充実した議論が行われました。

メリダXベース
2018年9月にオープンしました、世界最大級のメリダ展示体験スペース「メリダXベース」。伊豆半島がサイクリングをするのに最適な土地であり、地理的事情を鑑みると日本で最強なのでは?ということで、その中心”へそ”に設置されたメリダのメリダによるメリダのための施設です。

ぶっちゃけ、ミヤタサイクルにも我々にもベースの重みは”頑張らないと!”という大きさで重さでもありますが、今回のこの施設こそがメリダを日本にもっと伝えたい!という大きなポテンシャルです。

Eバイクツーリング、スクーリング、メンテナンス講習などの様々な企画を行っています。ぜひ、伊豆に旅行に行く感覚でちょっと立ち寄ってみて下さい。

2020モデルのプレビュー
これから2019年モデルの最盛期にかかりますが、我々は翌年2020年についてのミーティングを行いました。来期の全ラインアップ、方向性、詳細な状況などについて集中して時間を設け、より良い製品になるように検討を重ねました。

具体的にはサイズまたはその特徴、カラー展開、パーツ構成などに及びます。本当に細かいところまでに関して、皆さんから頂いたフィードバックを伝えましたので、今後も皆さんそれぞれの希望や願いなどについてフィードバックを頂ければ幸いです。

今後ともメリダをよろしくお願いいたします。

Eバイクの魅力を伝えること
Eバイクは以下の点について不足しています
・魅力がどこにあるのか伝わっていない
・どんな使い方・遊び方をするのか
・どういう状況なのか
・何に使うと楽しいのか
・どういうものなのか
・またそれらを伝える人が足りない
そんな状況です。

ゆえ、「Eバイクの魅力」が伝わっていません。その状況でEバイクについての意見も散見しますが、概ね”偏見”による場合が多く、実際に良さを体感・体験した方の声ではありません。

むしろ、Eバイクを体験した方の意見は通じて
■ 自転車にもっと乗るようになった
■ これまでより楽しくのれるようになった
■ 多くの人と笑顔を共有できた
など大変ポジティブな意見が多くなっています。

GW期間中は連日Eバイク試乗会を開催しておりますので、ぜひまずはどんなものか乗ってみて下さい。

伊豆の魅力を伝えること
伊豆は半島の中でも非常に島らしい地形を持ち、むしろサイクリングには向いていないのではないか?というほど急峻な坂が多くあります。東西南北どちらに走っても山、そんな感じです。むしろそれはEバイクにとって最適な土地だと言えます。クルマでは通行が難しい場所や自転車で行くと楽しい場所があれば、その途中にどんな急な坂があろうとも、Eバイクなら行くことが出来ます。ゆえ、伊豆半島とEバイクの相性は抜群です。
東京から伊豆を見るとき、高級なリゾートのようなイメージを持っていたものですが、まさか車以外で移動しようとは思いません。ゆえ、車が止められる箇所以外の場所が知られるチャンスは多くありません。Eバイクにより伊豆半島の魅力はより広く、多く、深く、細かく伝えることが出来るでしょう。