アスリートの疲労回復に効果大「薬用アスリートRLX」の販売を開始します

本日より「薬用アスリートRLX」の販売を開始します
「薬用アスリートRLX」は自宅で手軽に重炭酸イオンを含む湯で入浴ができるタブレット型入浴剤です。イオンなどというと例のマイナスイオン的ないかがわしさを漂わせますが、しっかりと効果をうたえる実験結果もあり、安心して使えるものです。

「薬用アスリートRLX」
成分:【有効成分】炭酸水素ナトリウム、炭酸ナトリウム 【その他成分】無水クエン酸、、PEG6000、ビタミンC・Na、他1成分
・薬用アスリートRLX 10錠 1,000円(税込)
・薬用アスリートRLX 30錠 2,700円(税込)
・薬用アスリートRLX 100錠 7,776円(税込)


炭酸ガスを発生させる入浴剤ならアレがあるじゃないか
薬用○ブとか、○き湯とか、そのような商品が薬局に行けば並んでおり、私も愛用していた1人です。しかし、何となく感じていたことがあります。「冬になると湯の温度を上げないと効果が目減りする気がする」と。そう、実はあの手の製品で発生させる炭酸ガスは湯に溶け切ることが出来ず、ほとんどが浴室に抜けています。泡がぶくぶくと発生している最中に浴室の二酸化炭素濃度が上がることでむせたことがありませんか?それが証拠です。呼吸器系に疾患を抱える方は使わないほうが良いと思います…


炭酸泉とは?
炭酸泉の有効炭酸濃度についてによれば、温泉として炭酸泉を謳うには1kg中遊離炭酸1000mg(1000ppm)以上を賀雄しなければならないとされています。かけ流しの場合には常にこの濃度というわけです。しかし、某○ブでは20ppm程度あるいはそれ以下であるようです。○き湯では145ppmと謳っています。二酸化炭素は対年水に溶けにくいので泡を大量に発生させてはいけない。大気中に逃げてしまう。○き湯は○ブよりも粒が小さく、小さな泡にし、できるだけ溶かそう!という意思が見えるが、○ブは泡出てるぞ〜!と言いたいだけのようです。ただし、○き湯も全て解けた場合と仮定した数字ですから、実際にはほとんど溶かすことは出来ないと思います。

「薬用アスリートRLX」は、炭酸ガスではなく、重炭酸イオン、水素イオン、クエン酸がお湯の中に溶け出し、そのトリプルパワーを発揮する入浴剤です。湯のphをほぼ中性にし、重炭酸イオンが経皮から浸透し、ボーア効果により、体が血液中の酸素を多く受け取れるようになります。血液からの酸素供給が活発になると、細胞の新陳代謝を促進します。これにより炎症を素早く抑えることができるようになります。

簡単に言えば、血流量が増加します。ダメージを受けたり、傷ついたした組織に必要な酸素、栄養を届け、乳酸を中和し、一方で乳酸が必要な場所に運んでくれるのは血液・血流・血行です。そして、クールダウン、リカバリーなど多様なフェーズでこの血流・血行を促進するとともに、全身の緊張を和らげ、コリをほぐし、疲労回復を促進するのは入浴です。

アスリートRLXは、その入浴効果をアップする入浴剤です。アスリートRLXが溶けた、すなわち重炭酸イオンが溶け出した36℃~38℃のぬるめのお湯に15~20分間、ゆっくりと体をつける重炭酸温浴法を実行することで血流は、清水のお風呂の場合の6倍前後にまで増えてゆきます。これほど血流が増えると、通常以上に酸素供給量が増え、それに応じて代謝もあがります。当然、炎症を抑えることにつながるとともに、組織の再生にも役立ちますので、試合・レース後のアスリートに必要なクールダウンとリカバリーをあわせて行うことができます。


炭酸水素ナトリウムだけでは効果が薄い
1984年に発表された論文によれば、さら湯、炭酸水素ナトリウムを溶かした湯、それに加えてクエン酸を溶かした湯を比較した場合、さら湯と炭酸水素ナトリウムのみでは大きな血流量増加は見られなかったとしています。クエン酸を溶かした時点で有意性に大きな変化が現れたことから、炭酸水素ナトリウムのみでは効果が薄くクエン酸を同量溶かす必要があるとしています。また、二酸化炭素濃度については145ppm、59.8ppm、33.3ppmと3つの濃度での有意性が確かめられており、33.3ppmではほぼ変化はなかったともしています。


「薬用アスリートRLX」はどうなのか
「薬用アスリートRLX」では規定量投入することで1000ppmの二酸化炭素を含む重炭酸湯を作ることが出来ます。湯は無色透明です。余計な着色料は皮膚に悪影響を及ぼします。「薬用アスリートRLX」は湯の中の塩素を取り除き、湯をなめらかにします。クエン酸と重炭酸イオンによる清浄力で、お肌も髪もやさしく洗えます。またpHが中性になるので肌あたりがよく、お肌にトラブルを抱えている方も抵抗なくご利用いただけます。温浴効果により血行がよくなる働きが毛穴を開き、清浄効果を高めるクエン酸の皮膚軟化作用により表皮の汚れを取り、開いた毛穴や髪などにこびりついたミネラル汚れも重炭酸イオンがやさしく洗い流してくれます。


大事なのは炭酸ガスではなく重炭酸イオンとクエン酸
炭酸泉が有効である理由はその炭酸ガスだと思われていたのですが、湯のphが大きく関わることがわかりました。下の図にありますように、中性の状態でのみHCO3(重炭酸イオン)が存在できます。炭酸ガスのみでは湯が酸性になってしまい、重炭酸イオンが存在できません。


うちの家族が入ってみた結果
一昨日、昨日と入浴を行いました。入浴した時間はほぼ同じで20時半以降21時半ころまでです。温度は40-41度で各々20分間湯に浸かりました。ぬるいお湯で20分以上が説明書にありましたが、真冬のために上限である40度を目安にしました。あまりぬるいと入っていることで体温を奪われてしまうと考えたからです。一般的な炭酸ガス発生入浴剤と同様だと思い、最初は入浴し始めてから溶かし始めたのですが、溶け方が大変ゆっくりで、すべてが溶け切るまでには20分程度かかりました。これはしっかりと湯に溶かすために必要なことだったのだと、後々調べてからわかったことです。

翌日、普段使用している入浴剤の場合には湯に汚れが見られるのですが、「薬用アスリートRLX」では明らかに少なく見えます。濁りがありません。そのまま入浴、方法は前日同様20分間を目安にしました。

更に本日、朝9時過ぎに入浴してみました。湯の様子は濁っていましたし、匂いもやや感じますが、かなりきれいな方だと思います。「薬用アスリートRLX」は湯が汚れにくいようです。温度や入浴時間は3日間とも同じです。効果は初日と変化がなく、身体の温まりと発汗がありました。

1回分の湯を作るのに250円-300円必要ですが、最低でも2日間は入れるとなれば、それほど大きなコストではないと感じます。さら湯に入っている方には高いのかも知れませんが、何らかの入浴剤を使用している方には大きな差ではないと思います。

その効果を言葉で表すのは難しいですが、まさに”温泉に入ったあとのような温まり方”です。唐辛子等でそこからカッカするような熱い感じではなく、体の芯に熱が残るような感覚です。この真冬に、40度程度の湯に使っているだけでここまであたたまることはなく、43度位まで熱したお湯であっても冷めるのはあっという間ですから、明確に「薬用アスリートRLX」の効果を感じました。他の論文では眠りの深さについても証明されており、それを含めた回復力と抵抗力の維持向上にも効果を発揮しそうです。

日本で天然の重炭酸イオンを含む温泉は、たったの3カ所だそうです。

山形県の泡の湯温泉、長野県の稲子湯温泉、大分県の長湯温泉、日本には3000か所以上の温泉がありながらこれだけ。「薬用アスリートRLX」を使えば自宅に居ながら効果を得ることが出来ます。

ぜひご自身だけではなく、ご家族や親御さんにもおすすめ下さい。
プレゼントにも最適ですw


モルテンもそうですし、LAKEのシューズやQ36.5のウェアでも言えますが、当店では”本当に良いものだけ”をセレクトして販売しておりますので、「薬用アスリートRLX」にも絶対の自信を持っています。”まがい物”や”値段だけ高いもの”を販売するつもりはありません。また、”ブランド”に価値を見出すつもりもありませんし、”かっこいいだけ”でそれを褒めちぎることもしません。欲しいのは”中身”ですから。