自転車に乗る以外の時間が大事

フィッティングではいつも伝えていることです
大事なのは自転車に乗っている時ではなく、それ以外の多くの時間です。目的が体への負担を少なくして走るためであれば、楽に速く走るためであれば、必要なことは身体の姿勢を正すことです。

「姿勢を正しなさい!」と言われると、子供の頃から筋肉を収縮させて身体を固めることでそれを表現しようとしますが、運動における、いやそもそも姿勢におけるただ正しい状態とは”ニュートラル”であることです。

”ニュートラルな位置”に身体を起き続けた状態が自然に続けられるようにすることです。

リラックスとは堕落した姿勢の状態(例えば寝っ転がる)ではなく、ニュートラルな位置に身体を置くことです。自転車に乗りすぎてしまうと、自転車運動の特異性を獲得してしまいます。例えば大腿四頭筋の発達がそれです。それにはデメリットもあります。

今回の特集でもあるS字体型になりがちです。それは反り腰にも発展し、腰痛などの原因となるでしょう。

どの部分が痛むにしても、それは自転車に乗る時間だけ、あるいはその際に使用する道具を変えるだけでは根本的な解決方法にはなりません。

普段から日常の中で行っている動き、それは無意識レベルで刷り込まれています。ご自身の体の特徴についてはある程度認識されていると思いますが、先天的なものではない限り、それはご自身がご自身の生活によって獲得したものです。ゆえ、そのままでいることが最も楽なのは間違いないと思います。ただ、そのままではスポーツをするために、ニュートラルな状態を獲得できません。変化には違和感を伴いますが、必要に応じて”自分の姿勢を変える”努力が欠かせません。

今回のTARZANではスポーツをしている時間以外にも着目し、運動をするのではなく、時間の過ごし方という側面から表現しています。これは私がフィッティングに際して毎回申し上げることです。

ぜひ、お読みいただけるとお役に立つかと思います。