[業務連絡] オーバーホールと組み換えを完了しました

この時期はオーバーホールが多くなるかも知れません
そろそろロードの方はシーズンオフに近づいていますし、雨が多い時期なのでオーバーホールを依頼頂くにはベターだと思います。現在の納期は7-14日程度です。

今回はオーバーホールとともにコンポーネントを5700から8000へと組み換えを行いました。将来的なディスク移行を踏まえた上でコンポーネントはそのままにすることと迷われていましたが、現在の使用方法や目的、あるいは継続使用年数を踏まえた結果、ディスクブレーキ移行のプライオリティはそこまで高くないとの結論に至りました。そのあたり、人それぞれだと思います。ディスクへの移行を”前提にした”思考から解放され、客観的・主観的な価値観からの選択をおすすめします。

オーバーホール基本工賃 27000円
コンポーネント一式 115000円
バーテープ 1700円
合計 143700円

今回のオーナーさんはほぼ年に一度定期的に依頼頂くので、バイクの状態がとても良いです。かなりきれいにしていただいているので、普段のメンテナンスにも気を配ってらっしゃるのだと思います。

キレイでも汚くても、同じようにはしると思われるかも知れませんが、そうではありません。注意深く見守ることで本来起きそうであったトラブルを未然に防ぎ、各部品の製品寿命をも伸ばします。例えばチェーン1つにしてもです。本来4000キロくらい使用できるはずが、それより早くダメになるならばそれは総合的な使い方が原因だと言えるでしょう。

私の方ではそれぞれの方の使い方に合わせてメンテナンスを行っており、前回も今回も、しっかり防水処理を行っています。ゆえ、ベアリングについてはダメになるということはなかったようです。ただ、汚れていたのでグリスの詰め直しは行いました。ただ、オーバーホールまでの間に、自転車をもう少しバラすメンテナンスをした方がよく、これは多くの方に言えると思います。