Its a big day…

レース前半は舗装路…とはいえ、後半のパヴェ区間に合わせてタイヤは28-30C、空気圧は4気圧前後…そこで発生する高速アタック合戦で集団後方にいるといきなりの地獄…ここでだいぶ消耗しそうです。

パヴェ区間を迎えるとゴールまでは残り150キロ、そのうちパヴェは55キロ、つまり三分の一がパヴェ(笑)

さらに50キロ位走ると遂にセクター19「アランベール」で宣戦布告。走ってるだけで吹っ飛ぶボトル…。走れるラインは3本あるけれど、最速は真ん中の一本だけ。そこを獲得すべく、トップスピードでの位置争いのあとで五つ星を2.5キロ走り、途中で転倒でもしたら普通の選手は戦意喪失しますね。

セクター11「モンサン=ぺヴェル」のコーナーがヤバそうです。石畳というより、泥…。これはやばい…。

ただ、レースの中で最も苦しく見えるのはセクター4「カルフール=ド=ラルブル」。ここを終えると残り15キロ。でも、誰とここへたどり着くかによっては、どれほど消耗してよいのか変わってくる…

こんなの好きじゃないと勝てません(笑)


257km.

Queen of Classic.

Welcome to hell of the north…