これはこれでカッコイイ SCULTURA 4000

2018年モデルのメリダはバーレーンカラーにオーダーが集中しているのですが、もう片方の色もなかなかです

SCULTURA 4000はバーレーンカラーともう1色、この黒があります。カラーネーム上はシルバーとなっているのですが、確かにソフトクリアな黒とシルバーの組み合わせは、全体的に白っぽい光の反射を生み出てシルバー感を漂わせています。

チームカラーというのは既に完成されているカラーリングなので、タイヤやバーテープのカラーを黒以外にしたりすると、途端にバランスが崩れてしまいます。カラーリングで大事なのは各色が占める面積なのです。派手な色や白を”挿し色”に使うことで、全体が締まって見えるようになります。

バーレーンカラーも年明けには入荷するようですが、このシャイニーシルバーは在庫がありますので今年いっぱいに間に合いますよ

このシャイニーシルバーは銀色部分のメタリック感とマットブラックのシックな色合わせで、写真以上にかっこいいバイクに仕上がっています。カタログでは小さな写真しか出ていないので、もう一方のバーレーンばかり目に入ってしまうのがもったいないところ。

このデザインであれば、好きな挿し色を加えて自分の個性を楽しめそうですね。

実測重量は?
なんと、ギリギリ8キロ切り!!!

メリダ スクルトゥーラ4000
199000円(税抜)