茨城シクロクロスシリーズ 第2戦取手ステージ

今朝は茨城シクロクロスシリーズ 第2戦取手ステージ(JCX第1戦)に行ってきました。

昨年、やっと40になったのでマスターズに出られるということでシクロクロス千葉を走り、シーズン替わっての一発目。

「コース」
小貝川リバーサイドパークというところに常設されているシクロクロスコースで行われました。常設なのでいつでも走れる場所なので、毎週末になると「冒険ランドで走ります」なんていうツイートやらフェイスブックへの投稿を見かけます。私は練習に行ってないし、レースでも走ってないので今回が初見。6時45分に到着し、試走開始後のの7時15分に準備完了。3周すれば充分かなと思うこと、それからいきなりオフロードだと脚に来るので試走前にローラーでアップを15分行う事を決めました。コースはヌルヌルしている河川敷によくある土質。なるほど、こんな感じなのねーと3周して終了。

「レース展開」
カテゴリーはCM2+3で、スタートは39番目/58人。スタートしてから15番目くらいで最初のラップに入った気がするんですけど、もう少し後ろだったかも知れません。スタートから前が開かなかったので、静かにしてました(笑)

その後、少しずつ順位を上げて、周りを見渡すとTOP10くらいに入っていた2周目のシケイン。このカテゴリーは競技時間が30分しかないので、脚を緩めている暇はありません。FTPテストをするつもりで踏んでいかないと駄目です。それでも、途中のコーナー区間では踏みを緩めるわけで、ガンガン踏んでちょうどいいくらいです。

そこから順調に順位を上げ、気づくと2位。最終ラップに入ってトップまで8秒。ゴール直前では5秒まで詰めたものの、コーナーでミスはするし、ゲロ吐きそうになるし(笑)、トップの米山さんには負けました。優勝おめでとうございます。

当初はトップ10くらいをマストにしていたんですが、周りの選手よりも瞬間的なパワーもレスト区間でのパワーも優れていることにスタートしてすぐに気がついたので、「イケるかもー」とやる気が出ました。

そのまま2位ゴール。次戦のエントリーはスターライト幕張です。シーズン終了時のポイントではなく、今レースでの結果により昇格、CM1でのスタートとなります。(JCF登録しなきゃ)

また、次回よろしくお願いします。

「機材」
フレームは2016年モデルのメリダ CYCLOCROSS TEAMです。ブレーキはリム(Vブレーキ)で、ホイールはWH-6800です。タイヤはF:IRC SERAC CX TUBELESS MUD(センターノブカット)、R:IRC SERAC CX TUBELESS、空気圧は前後1.7bar。同クラスに出走する方で、SANDや他社センタースリックを前後装着の方も結構見かけたんですが、自分の身の丈にあった選択をした方がいいと思います。C1選手の選択は参考になりません。

「トレーニングプラン」
一昨年春からパワートレーニングを開始し、自分を実験台にしてトレーニングを開拓してきました。ある程度計画的にトレーニングをすることで、下のカテゴリーであればこのくらい走れるようになることを、こういったレースでの結果によって証明できたのは良かったと思います。

どうせレースに出るなら上に上がったほうが楽しいですし、順位も上に行きたいはずです。伸び悩みを感じたり、行き詰まりを迎えている方はご相談下さい。本日、同一クラスで走っていた方々のトレーニング相談も承ります。

”やっても強くならない”のではなく、たぶん”やってない”と思います。無駄なこともしていると思います。それを修正して、時間の無駄を無くしましょう。いい結果を出しましょう。