メリダも2018でグラベルへ、SILEXシリーズ新登場

メリダでは新しくグラベルに対応したロードバイク「SILEX(サイレックス)」を発売します。

グラベルロードというとわかりにくいんですが、このSILEXに限らず要はツアーバイクです。

日本国内ではアメリカの様な未舗装路で町と町の間を繋ぐ道はありません。ゆえ、実質的にグラベルはありません。でも、自転車で旅をする文化は以前からありました。ですから、メーカーはカタログ上でグラベルグラベル…と言いますが、無視しましょう。「グラベル無いじゃん」で思考停止しては、このジャンルのバイクを楽しめません。

より遠くまで、できるだけ速く軽快に、そして色々道を走れるツアーバイク、それがSILEXです。

[こんなポイントがあります]
 700x44Cまでのタイヤクリアランス(650Bx2.2も可)
 長いヘッドチューブによってアップライトな姿勢を確保
 ディスクブレーキ装備
 5箇所のボトルケージにより容易になるバイクパッキング

フレームワークの基礎はほぼBIG.NINEです。ヘッドチューブはとても長く、47サイズでも180ミリありますが、長過ぎることはありません。単に未舗装であるだけでなく、マウンテンバイクコースのような上り下りにおいてもフロント荷重が過ぎたりせぬように考えられています。

オフロードを走っていて恐怖を感じるのは、ハンドルバーを頭が超えそうになった時です。前転してしまう恐怖感を感じると思います。これを「Over the bar(OTB)」と言います。ハンドル位置を上げることでOTBしにくくなり、走れる路面は飛躍的に向上します。多くのシクロクロスライダーがハンドルを低くしすぎないように気遣うと思いますが、それと同じです。それと同時に肩周りに余裕が生まれ、右に左にハンドルを切りやすくなります。

郊外にお住まいの方や旅に使う自転車をお探しの方には、最適な1台になるでしょう。
ボトルケージはダウンチューブにある見慣れた2箇所だけでなく、ダウンチューブの裏に1箇所、フォークの左右に1箇所ずつ、合計5箇所。これらをフル活用し、バイクパッキングによるツアーを楽しむことが可能です。

乗り味はとても軽快。
BIG.NINEベースと思われるフレームによって、適度なバネ感とコンフォート性能を発揮しますので、走ることが出来るフィールドはかなり広く感じます。ツアーバイクだからと言ってスピードを捨てる必要はありません。より遠くへチャレンジできます。バイクも出来る限り軽く仕上がっています。

普段乗り・街乗りロードにも最適?
これまではRIDEシリーズやSCULTURAシリーズのハンドルバーを上げた状態で乗る、街乗りロードという文化がありましたが、カッコつけで乗るのであれば、SILEXを使う方が利便性がよく、個性的なのでかっこいいんじゃないでしょうか?

普段からフレームバッグを装備しておけば、多少のお買い物にも使えそうです。
私はGRAN SPEED買おうかと思ったんですけど、これ欲しいかも…

これまでこういったバイクはいろいろな工夫やコストを掛けないと楽しめないものでしたが、メリダのSILEXであれば、完成車としてスタートアップできます。

このSILEXにまずはフレームバッグやハンドルバッグを取り付け、小さな旅に出かけましょう。その後、よりスケールの大きな旅にチャレンジ。海外へ走りに行くにも良いパートナーになりそうです。

納期はカーボンフレームの上位2機種が1月下旬、アルミフレームの2機種が9月下旬の予定です。

このシリーズは入荷がこの一回のみと予測されます(聞けばいいんですが、聞いてません。多分間違いないので)。特にアルミの2車種は、程よい価格と熟れたデザインなので買いやすいですから、早めの決断を。