チューブの運び方

替えチューブをサドルバッグ等に入れる時、箱ごと入れる人はいないと思いますが、そのまま入れてしまうと劣化してしまいます。また、スレによってゴムが悪くなるケースもありますので、私はストレッチフィルムで包んでいます。

ベテランサイクリストの間では常識なのですが、意外と知られていないことかも知れないです。

なお、パナレーサーのR-AIRは薄くしなやかでもありますが、体積が大変小さいので1本分の容積に2本入れることもできますのでおすすめです。

このように巻いておけば、バッグに入れ放しのまま劣化させてしまうまでの期間を長くすることができます。