夏アンダーの重ね着

今朝は15度以下でしたのでちょっと寒さを感じましたね。10度前半だと長袖を着てしまいがちですが、運動量次第ではこんな風もありです。

ウォーマーのおかげで腕は寒くないけど、胴体が寒い。そんな時、ウインドブレーカーを着てしまったりしますが、それだと蒸れてしまいます。ベストが良いか!と思っても、まだちょっと早い時期です。発汗量が多くなりますと蒸れますし、暑い場合もあります。

そんな時には
 「夏用アンダーの重ね着」
です

これが結構暖かい。

出来れば肌に触れる下側のアンダーはポリプロピレン含有率が高い、濡れないアンダーが良いですね。秋冬用アンダーっていうのは、裏起毛だったり、あるいは同様の加工がしてあります。これはデッドエアで空気の層を作り、外気との断熱をするためです。しかしそのせいで、汗の処理は滞ります。秋冬アンダーで発汗が多くなると汗を処理しきれずに垂れたりしてきますから不快ですし、濡れると途端に寒くなってしまい逆効果。

ゆえ、本格的な冬シーズンに突入しても、アンダー重ね着は大変有効です。

P_20151120_095534_BF

P_20151120_112446_BF

6 replies on “夏アンダーの重ね着”

Comments are closed.