マティーノグランフォンドの報告

9月の第一土曜日曜はこのイベントの日です。当店のイヤーイベントとして行っているグランフォンド。

昨年、一昨年と違って、今年はゴール地点と時間のみ設定し、好きなところを走ってもらうことにしました。ルート設定、時間の計算、装備品、機材準備、天候への対応、路面への対応などなど、サイクリングの基本的な能力を問うべく、山サイ研修中ラン方式を採用。

100キロ走るとすごいといいますが、その距離如何ではなく、中身だと思うわけです。自分でルートを引いて、どこを通るべきか考え、走れるかどうかチャレンジすることが大事。誰かの後ろにくっついて走るだけなら、100キロ位誰でも走れます…

私のルートは会津田島スタートをして、下郷から西郷へ抜け、白河まで下りた後に羽鳥湖へ上り、猪苗代湖へと峠を越え、湖畔を半周して裏磐梯へ抜ける約140キロ。

スタート地点もバラバラなので、家を出てから電車に乗っても誰にも会わずということもあれば、偶然同じくらいの電車に乗ることもあります。これは普通のサイクリングでよくあることなんですが、こういうイベントでやっても面白いです。

とてもよい旅が出来ました。
来年も同じ日程で開催します。

浅草始発の東武線。ここ数日の台風によって途中区間はまだ運転していませんが、まるで山岳電車のような斜度と区間は結構見ものです。
P_20150905_061212_1_p

駅を出発して早速遭遇。でも、200メートルくらい走った後に枝分かれ。私は旧道へ。
P1020107

会津は古い道も面白い。車通りも少ないし走りやすく、風情もあって好きです。
P1020108

下郷から点線国道として有名な国道289号へ。
P1020109

難工事を成立させた甲子トンネル。
P1020113

半分は下り基調で、そこまでもゆるい上り、なおかつ非常に近代的で明るいトンネルなので走りやすい。
P1020114

左にあるコンクリで蓋がしてあるのが地すべりによって捨てざるを得なかった旧トンネル。
P1020115

これは途中分岐を振り返ってみたところ。途中でこのように分岐していて、この先は解体工事中。本来右のトンネルを通す予定だったのだが、完成前に地すべりで使用不可能になってしまい捨てて、左側の新トンネルを掘ったというわけ。
P1020116

西郷に入ると、汚染土捨て場がほうぼうにあった。除染中という看板もあちらこちらに沢山あって、影響を受けて続けているんだと改めて実感できた。
P_20150905_124312_1_p

本当に道端。
P_20150905_124316_p

そして線量計。0.117という数字。
P_20150905_124615_p

道の駅羽鳥。
P_20150905_131320_1_p

気持ちのよい高原の林道。羽鳥湖へ向かうと霧雨。
P_20150905_132206_1_p

羽鳥湖はダム湖。
P_20150905_132907_1_p

そこから猪苗代湖へ峠を越える。道は格段に細くなるが、車通りが少ないところをチョイスしているので、実は下郷からトンネルを越えて以降はクルマとは疎らにしか遭遇していない。実に走りやすい。
P_20150905_134318_1_p

道は苔むしていて、落ち葉もあちこちにあって、決して走りやすい路面ではないけど、旅としては面白い。
P_20150905_140511_1_p

ずっと沢沿いなので水の音が心に安らぎをくれる。ついつい水面を見つめてしまうと、路面に弾かれるの注意。
P_20150905_140550_1_p

水は透明で綺麗。
P_20150905_140558_1_p

奥行きのある沢の景色は本当に落ち着く。
P_20150905_140636_1_p

原始を感じる大木が行く手を阻むようにも見える山奥の神社。
P_20150905_140815_1_p

下り始めると沢も下ってきて、途中には滝。
P_20150905_140922_1_p

菅滝とあって、眺めるポイントもあった。
P_20150905_141002_1_p

山の中の沢を抜けると里に出た。まるで山の上から水が流れてきたように。
P_20150905_141502_1_p

道端にあった美しい松。
P_20150905_141619_1_p

遠くには磐梯山が見えてきた。ということは、その間に湖があるはず。
P_20150905_142654_p

湖畔に出た。松林から望む景色にしばし息を吐く。
P_20150905_143040_1_p

湖畔ギリギリを走る道路。ここらは地元の人しか通らないので、車通りも少なくてまたまた走りやすい。予定通りのルート。
P_20150905_143050_1_p

思わず声が出てしまう広がりのある景色。自転車ってこれがいい。
P_20150905_143104_1_p

磐梯山。あの向こうまで走って行く。
P_20150905_143107_1_p

はい、到着。
P_20150905_163153_1_p

空かせた腹をいっぱいにしました。夜は宴がお楽しみ。
P_20150905_182454_1_p

14 replies on “マティーノグランフォンドの報告”

Comments are closed.