DT SWISS テクニカルセミナー

昨日はDT SWISSのテクニカルセミナーが横浜にありますDT SWISSサービスセンターで行われました。

朝6時半に出るつもりが、7時出発になってしまって…。自走でスタートしたのは良いんですが、「間に合うだろうか…」と不安になりながら爆走(笑)

自宅から約25分で日の出桟橋付近を通過、1時間経過時点で川崎競馬場あたりまで到達。静止時を含めた平均時速は22キロ強ってことは、目的地まで38キロなので10〜15分前には到着する計算。最初は走りにくかったんですが、慣れてくると悪くない感じですね。あっちの方まで初めて自走しましたけど。迷わなかったら1時間半強で着きますが、良いトレーニングになる感じ(笑)ゆっくりでも2時間あれば着くという見込みは間違いじゃなかったです。

肝心のセミナーはDT SWISSサスペンションフォークの分解とメンテナンスについて行われました。色々と細かなところまで説明をして頂きましたので、他社との違いや中身について理解を深めることが出来ました。このノウハウは3年間にわたってミヤタメリダバイキングチームが実戦の中で培ってきた結果であり、そのおかげです。サスペンションフォークで大事なのは性能よりサービス。性能も大事ですが、サービスのないフォークは”使えないも同然”なので、どんなにスーパーなフォークであっても買う価値なしです。

その上で今回のテックセミナーはDT SWISS製品のサービス体制を充実させる為に大きな一歩でした。

現在のところ、すでにオイルや消耗品の在庫も国内で確保しており、ダンパーのOHや交換、メンテナンス全般を最短で即日行われる体制を維持していますので、5営業日以内には返却させて頂けるだろうと思います。

完成車に装着されているDT SWISS製品は国内で購入された製品に限って当サービスセンターでのサービスを受けることが出来ます。当店へのお持ち込み修理やメンテナンスも承ります。

「DT SWISSってどうなの?」
というご質問等もどうぞ、店頭にて。

写真 2014-05-28 9 20 54

写真 2014-05-28 9 32 11

13 replies on “DT SWISS テクニカルセミナー”

Comments are closed.