Daily Archives: 2019/07/21

遠いと近い

「んー、まだ言われるのかー」というのが実は正直な感想なんですよ
何が?って、ブレーキレバーまでの距離です。遠い遠いと言われがちで、その度に思ってます。

昔話をしてもしょーもないんですけど、でも、何世代も前のレバーとハンドルバーを組み合わせた場合って本当に遠くて、それはそれは苦労したものです。

今はアナトミックシャローにもいろいろな形が出てきていますし、レバー形状にも工夫が見られますので、「そんなに多くなるわけないんだけどなぁ…」というのが私の正直な感想です。

下の写真は一番上から、お客さんの持ち込みセッティング、当店の試乗車、私の自転車となっています。

こういった部分は自転車を組み付ける上でのノウハウであり、完成車を渡す際にはかなり気にしていますけど、いまだにそうでもない車体は世にでることがあります。つまり、パーツのポテンシャルを活かしきれていないということだと思います。

どのフレームにどのパーツのグレードが付いて…まではカタログでわかりますし、その上で価格がいくらかも載っていますが、それをどういう状態で渡されるかに関してはわからないわけですね。

「だったら面倒だから通販でいいじゃん」とは思えませんし、”ちゃんとした道具”をちゃんと使わないと上達が遅れることもあるでしょうし、”機材スポーツ”という言葉のかっこよさの裏側にある難しさだと思います。

むしろパンクしても平気だった件について

先日のことです。FUSION 5 GALACTIK 11STORMを装着したBH EVO ULTRAホイールはノートラブルだったのですが、初パンクを体験しました。家を出て2分?1分?くらいの場所です。すぐに帰って修理するか?タイヤを交換するか?と帰り途中で考えつつ。

その後にはVITTORIAのタイヤが到着し、それをテストする予定だったので交換はしたくなかった。ゆえ、シーラントで修理を試みました。

とりあえずは空気漏れを止めることに成功。不安ながらも走り出します。しかし、荒川河川敷に到着するかしないかあたりで「シューシュー」。ダメだったらしいです。

クリンチャーであれば、いずれのシチュエーションでもタイヤは完全に潰れてしまいリム走行となりますが、今回は3気圧程度残った状態で帰ることが出来ています。これはチューブレスタイヤの特性によるものですが、リムの寸法と形状、あるいはタイヤに対しての精度と信頼性が証明されたとも言えます。

荒川の河川敷からお店までを30キロ前後のスピードで走りきれましたし、リム打ちも皆無でした。素晴らしいことです。

修理の作業が適当だったまま走り出したことは残念なミスですが、不幸中の幸い?としてリムとタイヤの良いところが分かりました。今後もこのBH EVOホイールは販売し続けることができそうです。

なお、「替えチューブは?」という疑問が浮かんでいますよね?チューブ入れちゃえばよかったんじゃ?と。はい、今回はチューブ不携帯だったのです!笑。毎日のように走ってると、段々雑になってきますね笑。そこは反省です。