Daily Archives: 2019/05/19

実はライバル?という2車種

流行りはディスクロード
ディスクロードへの買い替え、あるいはこれから買うならディスクだという人は増えています。メリダで選択肢に上がることが多いのはこの車種です。

MERIDA SCULTURA DISC 4000 269,000円

冷却性能を強化したディスクブレーキで安定した制動力を手にいれたフルカーボンレーサー様々な路面環境で性能を発揮するディスクブレーキを採用したScultura CF2カーボンフレームのオールラウンドモデル。リヤブレーキにはCNC切削の放熱フィンDISC COOLERを搭載し、長い下りなどで熱によるブレーキ性能への影響を低減。28Cタイヤにも対応するワイドクリアランスで、タイヤの選択によりフラットダートなどの走行にも対応出来る多様性を持ったチームカラーモデル。

しかし、当店ではこの車種に意外なライバルが現れました。
MIYATA CRUISEです。当ブログで最近推しているEバイクですね。この2車種は価格が全く同じで269,000円です。

MIYATA CRUISE269,000円
シマノSTEPS E8080 に合わせた独自設計の軽量フルアルミフレームとアルミホークで、軽快なライディングポジションを実現したクルーズは、自転車本来の乗る楽しさを体験できるクロスバイクです。 大容量の36V/11.6Ah バッテリーを搭載し、クラス最長の115km*1 の走行距離を実現しながら重量も18.7kg と軽量に仕上がっており、コミューティングやシティライドのみならず長距離のツーリングでも楽しめる仕様。アシストモードはHIGH/NORMAL/ECO の3 モードで、液晶サイクルコンピューターにより走行距離や走行速度に加え、アシスト力やバッテリー残量などを確認できます。油圧ディスクブレーキを採用し、雨天時や下り坂でも安定した制動力を発揮。 スポーツサイクルとしての基本性能を突き詰めた電動アシストクロスバイクがクルーズです。 

同じイニシャルコストでも楽しみ方はだいぶ違います

[ロードバイク]
ロードバイクはより速くより遠くへをキーワードにし、走りを楽しむ自転車です。これまで到達したことがない距離や景色を自分の力だけで体験し、実現する楽しみがあります。もちろん、そのためには様々な準備が必要となりますが、そういった苦労もまたロードバイクで味わえる達成感をエスカレートさせます。食べたいものを我慢し、自らを鍛え、生活スタイルを変えることも楽しみに感じることでしょう。スポーツとしての上達を目指し、より経験を積み、それによってより大きな目標にチャレンジしましょう。

[Eバイク]
Eバイクを使えば、今すぐにでも旅に出られます。100キロを走り切るために何ヶ月も何年も準備をし、体力を培い、それを維持する必要はありません。1ヶ月に渡って出張などで乗る時間が確保できなくても、すぐに旅を楽しむことが出来ます。A地点〜B地点へ最速ルートを最善とするだけではなく、地形や起伏に気を使うことなく様々なルートを開拓することが出来ますので、自分だけの景色や時間を経験することが出来るでしょう。また、家族やパートナーと一緒にその時間を共有することが容易に可能です。

これまでならロード一択だったことでしょう
SCULTURA DISC 4000とMIYATA CRUISEはほぼ同価格。人によってはかなり迷います。

ロードバイクしか選択肢がないメーカーであれば迷いは起きませんが、目的の発掘と創造によりどちらが”楽しい時間”に近づくのかという提案をできるのがメリダとミヤタ。選択肢が1つしかなければ、目的意識が明確ではない場合にミスマッチしてしまう確率はどうしても上がってしまいます。

さらにeBIG.SEVEN 600まで選択肢に入れる場合、さらなる楽しい想像が拡がります。これが今当店で多い流れです。

「まずはロードを買おう」という時代からそろそろ変わろうとしています。