Daily Archives: 2018/07/09

Welcome to the new MISSION CX

2019年にはメリダのシクロクロスバイクがリニューアルされます。その名も「MISSION CX」

■ アグレッシブ&コンフォータブルなレースジオメトリ
■ カーボンフレームとアルミフレームの2バージョン
■ メンテナンス効率を考えたスマートエントリーケーブルルーティング
■ フラットマウントディスクブレーキ
■ 前後12ミリスルーアクスル&ステルスレバー
■ 35ミリまでのタイヤクリアランス
■ 取り外し可能なシートステイブリッジ兼フェンダーマウント
■ S-FLEXシートポスト

ご予約は今月末より受け付けます
早期予約キャンペーンもございます。


なお、2018年までのシクロクロスバイクは現在クローズアウトセール中です
400、6000、9000の各グレード完成車及びフレームとも少量ずつ在庫が残っており、お得に入手するチャンスです。新しいバイクもいいですが、今から練習するなら早く安く手に入るほうがいいと思いますよ!

むしろ、今は買い時です…

CYCLOCROSS 9000
499,000円(税別) → クローズアウトプライスはお問い合わせ下さい
・CF3カーボンフレーム
・SRAM FORCE CX1
・F:15/100、R:12/142
・ポストマウント
・7.8kg

CYCLOCROSS 6000
329,000円(税別) → クローズアウトプライスはお問い合わせ下さい
・CF3カーボンフレーム
・SRAM APEX1
・F:15/100、R:12/142
・ポストマウント
・8.8kg

CYCLOCROSS 400
159,900円(税別) → クローズアウトプライスはお問い合わせ下さい
・アルミフレーム
・SHIMANO 105&メカディスク
・F:15/100、R:QR/135
・ポストマウント
・9.6kg

ニバリのために用意された「REACTO KOM」

新しいTIME WARP TT以外に、BAHRAIN-MERIDA PROサイクリングチームの武器にはもう一つの特別な自転車があります。

SCULTURAに乗っていたVincenzo Nibaliはミラノサンレモで勝利を得るためにREACTOを選択しました。理由は総合性能と空力特性での利点です。彼は古いタイプの選手でしたが、それでもなおREACTOを選ばざるを得ませんでした。

チームが使用するREACTOは7.2kgの重量があります。それはUCIの重量規定に対して400グラム重たく、これはニバリのように軽量な選手にとってハンディになってしまいます。ニバリからUCI規定重量である6.8kgにすることができるならば、ツールでREACTOに乗りたいと伝えられたMERIDA R&Dチームは「REACTO KOM」を生み出しました。

標重量6.8kgを達成するために、R&Dチームは次の点を検討しました。

■ フレームは標準的なレイアップのままですが、大きく乗り味を損なわない範囲での可能な限り軽量な繊維の採用をしました
■ チームはFSAとCONTINENTALがKOMプロジェクトのために超軽量なコックピット、チューブラータイヤ、ホイールとペダルのためのチタンアクスルを提供しました
■ 塗装で大きく軽量化を施していますが、そのデザインには特別なこだわりを込めています。ヴィンチェンツォ・ニバリのREACTO KOMは、Tour de France 2014、Giro d’Italia 2013&2016、Vuelta aEspaña2010でのステージ優勝を挙げたことモチーフにし、それを象徴する色を示しています。
■ 銀の「歯」はヴィンチェンツォのニックネームである「メッシーナの鮫」を思い起こさせるものです。