Daily Archives: 2018/03/09

[いつでも特典付き] 当店でMERIDA SILEXを買うと純正バッグが付いてくる!

明日3/10(土)より 「MERIDA SILEX 拡販キャンペーン」を開始します。

SILEXは”サイレックス”と読みます。SILEXは”グラベルロード”の類に入れられてしまうんですが、実はちょっと違うバイクです。多くのグラベルロードはロードバイクとしてのジオメトリを維持しているのですが、SILEXはマウンテンバイクをベースにしたジオメトリを採用しています。

それは”走りの気持ちよさ”としてグラベルロードとは別の方向を目指しているという意味なのです。例えば、舗装路を走るレースカーと未舗装路を走るレースカーは別の設計になると思います。ポルシェの911とカイエンは別物であるはずです。タイヤクリアランスを増したからと言っても911はそれでしかないでしょう。そもそもの設計が異なります。

[試乗車があります]
当店はSILEX 400の試乗車が常設しています。いつでも見て、乗って、体感できます。

[キャンペーン内容]
期間:3/10(土)〜 2018年モデルの在庫限り
対象:MERIDA SILEX全モデルをご予約頂いた方
特典:SILEXに合わせて開発されたバッグ4種から、カーボンモデルは4つ、アルミモデルは2つ、お好きなもの選んで頂きプレゼントします。

サドルバッグ:7992円
ツーリングバッグL:4968円
ツーリングバッグM:4752円
Fフォークサイドバッグ:4968円
※全て税込

 


EVERY ROAD IS YOURS
「全ての道で気持ちよく走れる」それがこのSILEXの目指すところであり、コンセプト。ロードバイクはA地点からB地点までを速く走るためのもの、マウンテンバイクはオフロードを楽しく走るもの、シクロクロスはロードバイクライクでありながらオフロードにも対応したレースバイク。そのどれもがある方向性においての特徴を持つ代わりに、その特徴と反対の特性は持っていません。つまり、”苦手な場面がある”ということです。

SILEXはどの場面においても”そつなくこなす”なんでも、どこでも走れるロードバイクです。
”レースライド以外”ならなんでもできます。「レースには出ない」という方向性であれば、このSILEXを選択肢に入れない理由はありません。ロードバイクの場合には、購入後に下ハンドルを持つことができずに苦労している人が多くいますが、それを達成するには一定以上の体力や筋力やスキルが必要です。SILEXであればロードバイクでブラケットを握る高さと同じ高さに下ハンドルがありますので、”買ったその日から”下ハンドルを使えます。

ですから、下りやオフロードにおいて安心してハンドリングすることができ、長い距離のツーリングでも安心して走ることが出来るでしょう。

ツーリングバイクはヨーロッパ文化、グラベルライドロードはアメリカ文化
グラベルロードって実はアメリカ文化からはじまったものです。GT、JAMIS、FUJI、SPECIALIZEDのどれもがアメリカンブランドであり、ヨーロッパの”生活とともにある自転車”とは違って、”カルチャーとしての自転車”をスタイルとして追求したものになっています。つまり、アメリカ文化の方はビジネスの匂いが大いにあるカルチャーであるのに対して、ヨーロッパはバカンスやホリデーをゆったりと楽しむための自転車なのです。


GRANFONDO MAGAZINEは最新号の特集においてこのように評価しました。

「驚きの乗り味です。 MERIDA SILEX 9000は、見た目から予想するよりも多くを魅力を提供します。メリダの設計は大変巧みであるだけでなく、細部まで大胆なデザインであり、大変実用的でもあります。バイクのデザインについては気に入らない人もいると思いますが、機能についてはそうではないでしょう。SILEXはツアーや長距離のライダーにとって素晴らしい選択肢になるでしょう。なぜならば、快適さと乗り心地をさらに向上させる事に興味があるからです。SILEXは、森林やコンクリート・ジャングルの両方を通して、また通勤のための素晴らしい自転車になるでしょう。

試乗してすぐに気がつくのはその印象的なハンドリング。マウンテンバイクからインスピレーションを得たロングトップチューブとショートステムから得られる印象は、一言でいうと”気持ちがいい”。長いヘッドチューブはバッグのためのスペースも確保してくれるばかりか、トレイルやダウンヒルでの走りに安心感を与えます。それは例えるなら、”ハーレー・ダビッドソン”のような快適性であり、”とても気楽な気持ち”で乗ることが出来るでしょう。

快適性と剛性のバランスが際立ったフレームは、道路、砂利、トレイルなど、1日のツアーのどれを走っても素晴らしいでしょう。他のグラベルバイクとは違い、トレイルでも舗装路と同じように良いトラクションを発揮してくれます。スプリントした時には少々鈍く、オフロードで激しく走るとトラクションに欠ける事もありますが、それはこのバイクの用途ではないでしょう。」

Wahoo ELMENT BOLTをKICKRやインドアトレーナーと一緒に使ってみよう

Wahoo Fitnessはサイクルコンピュータ「ELEMNT/ELEMNT BOLT」とインドアトレーナー「KICKR SMART/SNAP」をリリースしています。
単に販売しているというだけでなく、2つの製品を組み合わせ、連携させてより有意義に使用することができます。

今回はそれら2つのデバイスを組み合わせた楽しい使い方について紹介します。トレーニング大好きなサイクリストはすぐに欲しくなってしまうことでしょう。
是非当店でご注文下さい(笑)

Wahoo Elemnt boltは当店のウェブストアでも取り扱っています。
Wahoo ELEMNT BOLT 単体版 | サイクルショップ マティーノ ウェブストア
https://mattino.theshop.jp/items/10118765

[店頭で体験できます]
当店にはどちらもデモ機がありますので、実際に動かしてどのように楽しめるかを見て頂けます。


ペアリングを行いました。パワーはクランクに装着したパワーメーターです。KICKR(インドトレーナー)とTICKR(心拍センサー)をペアリングしました。

KICKRでスピンダウン(キャリブレーション)を行います。

パワーメーターも同じくキャリブレーション。


KICKRをELEMNTはコントロールすることができます。
KICKR以外でも、ANT+ FE-C準拠のインドアトレーナーであればコントロールすることが可能です。それはいくつかのモードでコントロールすることができます。それを以下に紹介します。

[レベルモード]
選択したレベルによってパワーカーブが決まります。レベルモードは屋外を走るのと同じような経験を生みます。 トレーナーは選択したレベルに応じて、いずれかのパワーカーブを使用します。 KICKRが接続されているが、それを制御できるデバイスに接続されていない場合、デフォルトモードはレベルモード:レベル2になります。

これがそのパワーカーブです。


[ターゲットモード]
ターゲットとなるワット数を指定して負荷を決定します。


[レジスタンスモード]
スピナーバイクのブレーキを調整するのと同じです。手動でブレーキの抵抗を0〜100%までに設定できます。


[ルートモード]
ELEMNT appに登録したルートのデータをシミュレートすることができます。素晴らしい機能です。周回練習でも、ヒルクライムでも、以前のあなたやより強い人のデータをシミュレートすることもできます。

例えばこのようにです。富士ヒルクライムのデータを再現できますし、以後発売されるKICKR CLIMBをコントローすることもできます…


[ワークアウトモード]
あなたが作成し、ELEMNT appに登録した任意のワークアウトを実行することができ、KICKRは自動的にその負荷に調整されます。

今回はこれを実行します。

ワークアウトモードを実行中はこんなページが表示されます。一番下にはワークアウトを視覚的に俯瞰することができます。

ELEMNTの右側にあるボタンによりズームインすると、今実行している部分を拡大することもできます。

負荷が切り替わる際には自動的にLAPが切られ、10秒前からカウントダウンが開始されます。ワークアウト作成時にせっていたワット数やコメントなども表示可能です。


[結果表示]
いずれのモードで走行した場合でも、走行が終了するとサマリーデータを閲覧できます。ELEMNT以外のサイクルコンピュータより、この機能も優れていると思います。

ピークパワープロファイルがすぐに見られます。

ELEMNTはサイクルコンピュータ単体でもWi-Fiに接続可能ですが、データの同期にはスマートフォンを利用します。一度ペアリングしたスマートフォンとは、ELEMNT Appを立ち上げればすぐに接続され、同期することができます。大変スムーズです。

大丈夫です、抜けてませんよ

大丈夫ですね。一晩起きましたけど、エア抜けはありません。

はじめ、片方だけ抜けてしまったので、ちょっといじって見たところ抜けなくなりました。リムとの嵌合もクリアしてます。

当店ではこのようにしっかりとチェックした上で、チューブレス/チューブレスレディホイール・タイヤセットを出荷しています。

と、こんな良い機材も道具なので、”簡単にできる”のは色々なノウハウが基盤にあるからです。持ち込みホイールやタイヤへのセットアップも承ります。


しかしまぁ、このホイール。
 カッコイイ
 そこそこ軽い
 安い
 出来が良い
とあまり悪いところがないです。

次回入荷分は来月になると思います。ご予約はお早めに。

RACING 5 DB 2WAY-FIT-R
オールラウンド・ロープロファイルホイール。2ウェイフィット-レディリムとワン・ハブ・フィット・オールアクスルで汎用性の高いディスク・ブレーキ用ホイールです。

リム:アルミ製、ハイト26mm、内幅C17
適合タイヤ幅:25~50mm
ブレーキ規格:AFS(センターロック)
フロントアクスル:QR/HH15-100、HH12-100
リアアクスル:QR/HH12-142
スポーク:ステンレス・ストレートプル F/24 R/24
ハブ:アルミモノブロック・プラズマFW
重量:1,610g
税抜価格:¥46,800