Category Archives: メリダ 2020

メリダ eONE-SIXTY 9000

2018年モデルとしてデビューした前後160ミリフルサスペンションを装備したeONE-SIXTYに、カーボンフレームモデルが登場します。

フレームは前三角がカーボン、リヤはアルミです。車重はなんと約22キロという驚異的な軽さ。モーターもバッテリーも込みでこの重量です。

今回はバッテリーもシマノの内装仕様を採用しています。ユニットの電源もフレームに内装されており、未来的な外観を演出しつつ、使い勝手も高めました。バッテリーの容量は504Whと大容量ですので、まだ発表されていませんが、100-140km程度は走れるはずです。

新しいEバイク用のジオメトリはこれまでより低重心となり、Eバイクに求められるペダリング特性も加味してクランク長を165mmに統一しています。

ホイールはフロントが29インチ、リヤが27.5インチという前後異径。これは29インチの走破性と27.5インチのレスポンスを同居させるためですが、まるでそのことについての違和感はなく、最高のトレイルブレイカーに間違いはありません。ちょっと林道を走る程度にはトゥーマッチですが、本格的なトレイルを走り倒すのにはこの車種がベストチョイスになるでしょう。

アルミの800グレードとはジオメトリもホイールサイズも異なりますが、それほど大きな違いはないように感じました。ゆえ、アルミグレードの方が30万円も安いのでどちらも魅力的だろうと思います。

Eバイク用のデイスプレイやスイッチ類はスマートで小型になり、コックピットで過剰に目立つこともなくなりました。フレームやバイク全体の外観と相まって、E-MTBであることがわからない人もいると思います。それくらいスマートです。

乗った感じはもう”無敵”の一言
これまではフルサスは重たい、上りがつらいということから、”下り専用”とも言うべき存在でした。夏のスキー場などでリフトやゴンドラに乗り、下りだけを楽しむものだったわけです。

しかし、このeONE-SIXTY 9000は同800とともに強力なアシストユニットの力を借りてどんな急な上りでも平気で登っていけます。しかも、それを複数本走ることが出来るバイクです。ジオメトリも登りやすく、走りやすく、ペダリングも楽しめました。

160mmというと大げさ感が目立ちますが、アシストユニットの威力やジオメトリの軽快さもあり、120-140mmトラベルのフルサスをカバーしてしまうだろうと思います。もはや、その辺りのフルサスMTBを買う理由は無くなりそうです。

走ってみると、下っている時に車重をほぼ感じず、とても軽快かつアグレッシブ、楽しさを存分に味わうことが出来るマウンテンバイクだと思います。価格的に高いと思いますが、買える人は買うべきですコレ笑

MERIDA eONE-SIXTY 9000
サイズ:XS(40cm) S(44cm)
価格:850,000円(税別)

予約受付中です。

メリダ 2020モデルの受注を開始します

7月23日〜24日の日程でメリダディーラーキャンプへ行ってきました。これは毎年行われるもので、メリダディーラーの中でも主要なところが招待され、新モデルの発表や新しいシーズンへの戦略などが話し合われます。

今回もA日程、B日程とあり、私は前者に招待されました。A日程は主要ディーラーの中でパートナーショップを含めたコアディーラーとなり、約40店舗ほど。B日程はそれ以外のディーラーさんとなっています。

すでにパートナーショップミーティングで2020モデルについてはプレビューが行われていましたので、その現物確認であったり、詳細についての質問などを行い、試乗もしました。


一言で言えば、スキがないラインナップ
正直言って、全方位的にスキがないものになっています。
☆ロードバイク
☆マウンテンバイク
☆クロスバイク
☆シクロクロス
☆Eバイク
☆キッズバイク
この全てがしっかり正当進化を遂げています。

価格はこれまで通りに廉価を保っており、他メーカーと比較する際には相変わらず威力を発揮するでしょう。

ロード乗りの方からすれば、代わり映えのしないロードバイクにがっかりという声もあるのでしょうけれど、デザインとカラーに関してはこれまでのメリダで最もスタイリッシュな印象ですから、決してネガティブなものではないと思います。むしろ、廉価で安定したメリダのロードバイクを「このデザインなら乗りたい」と思って頂ける方が増えそうな感じがします。


ロードバイクをザッと
フレームの中身に大きな変更はありません。まぁ、そのままです笑
■ リアクト → ディスクメイン
■ スクルトゥーラ → リムとディスク
となります。
おそらく、「もうディスクしか売れないだろう」と思っている方もいらっしゃると思いますが、ディスクだけにしないのは理由はあります。シンプルに言えば、リムブレーキにも需要があるからです。すべてのユーザーにとってディスクが第一の選択肢ではなく、それぞれの方のニーズや環境に合わせてどちらも選べるのがメリダです。


SILEXに追加モデル
2018年からデビューしたSILEXに追加モデルが加わります。700Cを装備したモデルに加えて、650Bx45Cに変更したSILEX+が登場します。700Cモデルがタイヤが35Cから38Cへ変更されます。SILEX+はアドベンチャーやオフロードに最適なモデルとなります。


結構売れてるグランスピードがモデルチェンジ
スポーツバイクジャンルのクロスバイクとして年々人気が上がっているグランスピードのフレームが新しくなります。スクルトゥーラシリーズと同じヘッドチューブ形状を取り入れ、よりスポーティなイメージでブラッシュアップされます。


Eバイクはミヤタとメリダがリードします
■ Eバイクラインナップ拡大 2車種 → 6車種(ミヤタも2車種 → 5車種)
一気に拡大します。それだけの需要が今すぐ見えているとは思えませんが、このマーケットを制圧すべく、他を圧倒するラインナップで迎撃体制を整えました。

2019年からEバイクでデビューしたメーカーもありますが、2020年でここまで拡大するのはミヤタ・メリダだけではないでしょうか。2020年モデルでもEバイクをまったくラインナップしていないメーカーもありますので、完全に差がつく展開になると思います。

ドイツでの2018年のEバイク出荷台数は約100万台に至り、ヨーロッパ全体では125cc以上のモーターサイクル出荷台数である90-100万台を大きく上回る213万台となりました。日本では環境の違いはありますが、その魅力を我々がリードして伝えていきます。


2020年モデルは早ければ8月から
ロードバイクの人気モデルは早ければ8-9月から、新しいEバイクは1月くらいからの入荷となります。お早めにご予約頂くと、多少の特典を用意していますので、お気軽にご相談下さい。

2019モデルのセールは継続開催中です
2019年モデルとの比較もして下さい。価格は多少お得にお買い求め頂けるので、それを含めて比較検討して頂けます。