Author Archives: asamako

同じく、理解不能。そして、画期的な動き。

鈴木真理選手のブログ
http://blitzen.air-nifty.com/shinri/2017/02/post-c2db.html

私も同じく、ここ十年で負った傷は、確かに心からも記憶からも消えない傷になってます。

選手はもっともっと複雑でしょう。その上で故障しても続ける事にはホントに尊敬以外にありません。それを誰かしらが国内は似非プロだと言っても、私は心からプロフェッショナルだと言えます。

清算するのが難しいなら、日本のサイクルロードレースとしての総意を作るべきだと思いますし、その上で今回の様な事が起きたダメージを最小化すべきだと思いますが、常にアンタッチャブルなのが積もり続けるイライラと疑念に拍車をかけます。

過去を知らぬままで楽しんでくれるならそのままで良いと、まさかそう考えるならばサイクルロードレースの文化や歴史など日本で成熟するはずもありません。

真理選手の言うように、やっとのことで少しはピュアになってきた自分やロードレースファンや選手をまたしても蹴落とす事件には、本当に腹立たしく思うばかりです。

世界で唯一のツアー・オブ・ジャパン
リリースを受けて、日本で最も大きなステージレースであるTOJのレースディレクターである栗村修さんはすぐにアクションをしています。

チーム側に”出場辞退”を迫ること、あるいはそれを飲まない場合にはUCIに対して自体の打開を訴える(具体策は明言せずとも)事は、過去にどこの主催者もスポンサーも行わなかった画期的な動きであり、世界初の事だと言うと驚かれるでしょうか。

どのレースも、出場停止期間さえ明ければ、どんなに怪しいチームでさえ招待しています。現在も、です。「声は上げているだろう」と思われるでしょうが、その様な異議は無かったと聞いています。私の感覚では当然の配慮だと思うのですが、欧州の常識においては違うようです。

TOJを持つ日本のロードレース文化は、トップ選手からのドーピング陽性を一度も出していないという特異性を誇りに思うとともに、欧州迎合一辺倒のロードレース文化から独立すべきだとTOJは訴えていると思います。

エマミの件についてUCIからリリースがあったのは日本時間の2/11(土・祝)。そこから間髪入れず土日だからと構わず動き、決定したTOJレースディレクターである栗村修さん、それらを取材されたCyclistさんは流石だと思います。他のメディアではリリースの日本語訳広報をしただけです。

イラン勢とTOJ
イラン勢については、TOJここ数年の課題でした。富士山ステージがあるだけ、彼らに勝ち与え、UCIポイントを差し上げているようなものだ、と。しかし、様々な事情からそれは続いています。TOJ側も努力されています。それらの努力も、懸念も、こういったことですべて吹き飛びます。アジアランキングでは、2014年からカザフスタンを抜いて常にトップです。現在もイランナショナルチームのコーチをされている三浦恭資さんにその心境を伺ってみて頂けないでしょうか。確か昨年か一昨年あたりかに「あいつらは踏ん出るギアが違う」と仰っていたのを記憶しています。

傷と時間の共有
勝利した選手も、負けた選手も、それを讃えるファンも、開催する地元自治体も、全てが傷を負います。

ドーピングは無くなりません。それは事実です。しかし、アスリートの様々な傷みを分かち合うことこそ、彼らを尊敬する唯一の方法だと思います。それはプロでもアマでも境はないと思います。たとえ自分が選手でなくとも、スポーツで感じる感動や心を動かされる瞬間があることとは、そういうことではないでしょうか。

そうであるならば、鈴木真理選手がこれほどまでに痛めている心に少しでも迫ったり、自分ではない第三者の声によって拡めて理解してあげたりすることが、当人も含めた他のアスリートがここ10年に負った傷を癒やすチャンスになるでしょうし、そうあって欲しいと心から願います。それを読んだ時、私達ロードレースファンは10年前から少しずつ前に進む事ができると思います。

遂に(やはり)出てしまったか

遂にというようにも言えれば、「やっぱりかぁ」とも言えます。なんかこのような気持ち、いつか味わったことが有るようなそんな感じもします。

富士山ステージ38分台、VAM1800オーバー、これの真意も明らかになってきた状況でしょうか。いや、証拠が出ていないならば言うべきではないとの主張もわかりますが、もうそのやり取りは100回位やって、”結局出てきた”ことしかないので自分の気持ちに罪悪感はありません。

言われていたとおりですよね。トマあたりが人間としてギリギリの数字だ、と言われていましたし、確かこの大会でもそれ以前でも、選手同士やスタッフ、関係者の間では日本人も含めて「あいつらは明らかにやってる。」と認識されていたわけですし、「普通の人間の中ではトップだ」という会話もありました。ピシュガマンのみならず、タブリーズもその内に含まれていました。

しかしながら、そんなチームであってもアジアツアー上位3チームの招待が1クラスのレースには課せられているので、栗村ディレクターは”なんとかしなければ”と苦慮されているわけです。2015年時から副ディレクターに就任され、その年にも「過去に度重なる違反をしたり、あるいはそのように振る舞ったチームに対して、状況証拠ではあるが現在もかなりドーピング陽性の確率が高い場合、招待したくない」とUCIに相談していますが、それは決まりであるからと返答されています。

今回もまた黙って受け入れることは出来ませんから、栗村ディレクラーは何からのアクションを起こされると思いますし、それを希望します。

http://www.cyclesports.jp/depot/detail/39499

岡篤志選手のインプレッション

新しく宇都宮ブリッツェンに加わった岡篤志選手が、早速新しい機材についてコメントしています。身長161センチの岡選手にとって、メリダのバイクは扱いやすい印象を受けたということは、私も同様に感じますように、”小さいサイズでの違和感”を感じにくいということでしょう。

私も過去10年間で10数台のロードバイクを所有してきていますが、過去には色々と思うことがあったフレームメーカーはありました。

メリダに関しても色々と乗っていますが、私のサイズでも違和感を感じたことは余りありません。ゼロではないと思います。個人の主観もありますし、サイズが違う以上は印象は違って当然なので言い切れないからです。

そこまで結構な気遣いをしてくれているメリダのR&Dなんですが、そこに名前をつけて広告をするのが下手なので、カタログスペック上は表現できていないのはモッタイナイところですね。

ぜひ身長が小さいライダーには選択肢に入れて頂きたいメリダです。

シマノの新しい電動アシストユニットE8000

このE8000はMERIDAの次期Eマウンテンバイクに搭載されるパワーユニットです。

Eマウンテンバイクとは、単なる電動アシスト自転車ではなく、これまでのマウンテンバイクでは不可能だった超低重心化に27.5+の2.8インチタイヤを加え、スーパーなトラクションと運動性能を発揮するマウンテンバイクです。

人間の力だけで走るマウンテンバイクでは不可能な領域の乗り物になることは、マウンテンバイク経験者であれば想像に容易いと思います。

ドイツでのE-BIKEマーケットは、当初日本と同様に活発ではなく、老人や力のない人が買うに留まり、用途はツーリングやレクリエーショナルだけでした。しかし、今では新しいマウンテンバイクのジャンルとして認知され、販売台数は大変増えています。2016年の統計では、ドイツ国民の100人に1人は何らかのE-BIKEを購入したというデータがあります。

日本での展開
現在、シマノではこのユニットを日本国内の法規に則ったものへアレンジする作業を行っており、2018年以降に日本国内でもEマウンテンバイクが販売される予定です。

下位モデルであるE6000に対してより軽く、パワフルで、まさにマウンテンバイクファンの為の、またマウンテンバイクの名に恥じないパワーユニットです。E6000はユニット重量が3.2キロ、出力が50Nmだったのに対し、E8000は2.7キロ、70Nmになりました。

当初、MERIDAはBOSCH社のユニットを採用していたのですが、ロジスティクスの問題があり、また今後はシマノのユニットが最も優れていると理解し、シマノのユニットを全面採用するに至りました。

新しいマウンテンバイクのジャンルとして
これまで登りが不得意だった方や体力がない方はもちろん、前に進む力と最新のフルサスペンションフレームによってライダーのスキルやテクニックをも大きくアシスト。Eマウンテンバイクはこれまでマウンテンバイクを充分に楽しめなかった方にも、山を走る楽しみを味わって頂ける自転車になるでしょう。

アシストが要るか要らないかではなく、完全に新しい乗り物に進化する自転車、それがEマウンテンバイクです。

このバイクを楽しむ場所は専用フィールドやパーク、あるいは専用トレイルなどです。パークなどではとてもいいギアになりますし、車での搬送が不要だと考えると、ガイド業等で取れるルートは増すことになります。

ディスクブレーキ然りなんですが、個人的な要不要を主張するよりも、新しいマーケットの拡大を考えて頂くと自転車の楽しみは増え、よりサイクリストが楽しめるのではないかと思います。

ご期待ください。

ちょど良い

昨年のうちに入荷していたんですね、SELLE SMPのBLASTERは。

というわけで、早速テストしています。

DYNAMICを愛用していたんですが、内側の擦れは気になるときもあって、改善できるといいなぁとは思っていました。

10時間オーバーのときにはどっかり座れるDYNAMICが良いと思いますが、3〜5時間以内ならBLASTERが良さそうです。あくまで個人的な主観ですけどね。

COMPOSITEとFORMAという幅の異なる2つのプロポーションを持っているSMPサドルの中で、幅広型のFORMAに最も薄いパッドが入っていたDYNAMICに対して、幅狭のCOMPOSITEに薄いパッディングを施したのがEVOLUTONでした。しかし、EVOLUTIONのパッディングはもともとのCOMPOSITEのプロポーションを崩してしまったので、不人気だったわけです。

今回はそれを作り直したような感じなのがBLASTER。COMPOSITE譲りのプロポーションはそのままに、薄くパッドを敷いています。COMPOSITEのように幅の狭いサドルを使いたいけれど、パッド無しだと骨がコツコツ当たってしまうという私のような人にはBLASTERが最適。

幅広と幅狭を用途によって使い分けができそうです。

ちなみに、SMPのサドルは「合う人は良いらしい」ではなく、「セッティングさえ出せれば全員にとって良い」サドルだと思います。

どんな人でも、ヒトである限りは骨盤の形は同じです。それに合わせて作ったSMPサドルの形状が合わないはずはありません。また、サドルの後ろに乗って、骨盤を立てて、腕と肩を目一杯伸ばして、背中を丸めるといった一連の誤った姿勢の元凶はサドルにあると言えますね。

[今日のトレーニング] まだ寒い…

今日は暖かいかなーと思ったんですが、急に曇ってきて日陰になるとヒヤッとしたと思ったら、雨がパラパラと降ってきたりもしました。

風は終始強くて、シクロクロス車で追い風になるとギアが足りなくなっちゃうので練習にならず無駄な時間を過ごしてる感じになってテンション下がりました。

なので、最初に20分LT走した他は、フォームスプリント一本のみ。

やはり、ロードで練習しないとダメですね。

スローピングとホリゾンタルでの乗り味の違い

最近はスローピングフレームばかりなのでホリゾンタルのフレームに乗ったことがない方も増えていて、またその違いについてもよく分からない人が多くなっている気がします。

このネタは以前にも書いていますけど、再放送って感じで簡単に書いてみます。

当店はメリダのお店なので、スクルトゥーラとリアクトという2種類のシリーズについて検討頂いたり、その違いについて知りたいと伺ったりすることが多くあります。

スクルトゥーラはスローピング、リアクトはホリゾンタルです。

端的に言いますと、50なら50の同じサイズで比べる、つまり170センチちょいの人が「どっちの50にしようかなー」と考えると失敗します。でも、結構あるパターンじゃないかとともいます…。お店の人も”よく考えずに”その様な候補を提案することはあるでしょうね…

カタログの後半にあるジオメトリ表には適正身長が表記されているのをご存知かと思います。あれに対して「これは適当なのであてにならない」と一蹴するケースもまた見られるのですが、それもどうなのかな?と思います。

フレームサイズが異なると、何が違ってくるのでしょう?

約10センチほどの身長範囲について記載しているのは、その乗り方や目的によって選ぶべきサイズは異なるからです。また、160センチからのプラス10センチと、170センチからのプラス10センチは意味が異なります。

また、身長が大きくなるほどに人間の上下方向に対してバイクが占める割合が小さく(訂正)なります。つまり、身長が高い人ほどバイクの大きさを感じにくくなります。ホイールサイズが共通ですから、フレームは上下より前後方向へ大きくなります。

自転車に乗る際、人間はペダルとクランクを通じてBBへ荷重し、ハンドルを振ってペダリングを行います。地面からBBまでの高さはどのフレームのサイズでも同じ場合が多いですし、その違いはわずかですが、ハンドル位置はフレームサイズが大きくなると高くなります。よって、フレームサイズが小さくなるほどにバイクを振りにくくなり、その振り幅も小さくなります。ですから、フレームサイズや身長に応じてハンドル幅に対する考え方も変わってきます。

同様にして、スローピングとホリゾンタルの違いはフレームサイズによって表れ方は異なります。どちらかを選べるならば、私の場合にはスローピングの方が好きです。振りやすく、加減速に強いからです。また、スローピングのデメリットも私のサイズでは出にくいので、あえてホリゾンタルを選ぶ必要性は感じません。まぁ、あくまで同じフレームを選べるなら…という前提です。

メリダのR&Dに凄さを感じるのは実はこういう部分でもあります。

ホリゾンタルバイクのメリットを出しつつ、デメリットを出来るだけ感じないようにするドイチェテクニック。これは”登れるエアロロード”と言われた所以であり、オールラウンダーとなり得る要素です。

余談ですが、”ホリゾンタルであること”をブランド要素とする機種やメーカーもあるのですが、それは乗り味を重視する場合には結果出力として疑問を感じます。異なるフレームサイズにおいて同じフィーリングを与えることが出来ないからです。

まだまだフレームサイズ選びをする上で変数となる要素はありますが、その組み合わせ方は様々。

あえて答えは書きません。「答えは自分で出す」と放って投げたりはしませんので、是非ともご相談いただき、当店でお求め下さい。

サイズ選びは大事ですが、その後はもっと大事です。量販店さんでは、その意味でのフォローは出来ないでしょう。

フレームサイズ選びはサイクリングの入り口ですが、その答えが出るまでは多くの時間と経験を積む必要はあります。すぐに答えが出ないからこそ、長くお付き合いいただけるお客さんになっていただけると嬉しく思います。

3月より再開

年末ころからおやすみモードでしたが、3月からロード周回練習を再開します。

目的を持ってトレーニングされる方には良い時間になると思います。レースに出ることが目的ではありません。レースライドやそれに近い強度を身体に与えたり、それに類似した環境によって、ロングライドで必要なサイクリングに関する総合力が身につきます。ユルユルと走っているだけでは身につかないものは沢山あります。近場ですし、周回なので、途中でギブアップしてもすぐに帰れますから、ある意味では気軽ですね。

以前参加された方はまたどうぞ。これから参加したい方は、まずは店頭へどうぞ。場所・時間・ルールやマナーなどについて説明します。

それから、月に一度、筑波方面か千葉方面へファストライドに行きます。

7時開始、日曜の午前中のみです。第2日曜に予定します。千葉方面は市川橋を7時発11時半着・解散、距離は約100キロです。筑波はTXつくば駅7時集合11時半現地解散で、距離は70キロ位です。

また、鰻ライドやツーリングもやります。

講習系イベント

その他、初心者向けにライディングスキルアップの為のイベントも3月から再開します。第4日曜に予定します。昨年やったことと同じですね。

目的
これらのイベントはサイクリングのための総合力アップが目的です。走力、技術、その他のスキルにおいて足りない部分を自覚し、他人から指摘され、様々な気づきを生みます。足りない部分は各々の個人練習においての目標になりますし、他人の走りを見ることで学ぶことも多いともいます。

つや消し塗装にもガラスコーティング

DSC_0725

ガラスコーティングサービスは大変好評です。

汚れがついても、水洗いでとてもきれいになりますし、その輝きが続きます。バリアスコートを使っての維持管理をしていただくと、さらに長持ちします。

これはつやあり塗装に施していたのですが、つや消し塗装にもテストしてみました。

つやは少々出ますが、気のせい程度です。つやありの場合、水で流すだけでホコリが取れるのですが、つや消しの場合には表面が凸凹しているので、その間に入ったホコリは取れません。ただ、拭くことでサッととれますし、水弾きはしっかり有るので汚れはつきにくくなります。

艶消し塗装の場合には汚れやすいので、ガラスコーティングはとてもいい対策だと思います。なお、メリダ以外の艶消し塗装については、表面処理次第で可否が変わりますのでご了承下さい。凹凸が大きすぎると出来ません。

店頭在庫している新城幸也スペシャルREACTOには施工しておきました。

料金はつや有り時と同じです。
 新品フレーム・完成車への施工 4000円(税別)
 中古フレームへの施工 10000円(税別・バラシ料金等別途)